麻酔科の看護師求人情報を探そう!

麻酔科の求人について、もしあなたが看護師の仕事の転職先を考えているのであれば、検討してみるのも良いのかもしれない。麻酔科というものがどういったものであるか。それについてまずは案内していていきたいと思う。

まず麻酔科というのは、どういったところであるのかというと、患者の手術の痛みを取ったり、恐怖を抑えたりするものである。手術というのは、大きさを問わず侵襲(手術に伴う痛み)が襲うので、それを緩和させるのが麻酔科の役割なのである。

麻酔の難しいところとして、麻酔は注射をしたら終わりというものではない。どれだけの成分の配合をするのか?どれだけの強度の麻酔を打つのか?その配合については麻酔科の医師の技量によるところが多いのである。ちなみに、この麻酔の配合についてお話ししたが、この配合というのは医師が行うもので、基本的に看護師は行うことが出来ないものなのである。

ただ、この配合と実際の麻酔の注射を看護師も少しずつ出来るようになってきているのである。例えば、最近の話であるが、聖路加看護大学を卒業した看護師が、麻酔に関する資格を取り、実際の手術においても麻酔が出来るようになってきているのである。実際に世界でも看護師が麻酔を行える国は多く(それだけ麻酔医が不足しているということでもある)日本も少しずつ似たような体制を取ろうとしているのである。

ただ、上記の例は特殊なケースで現在国内の看護師が行う役割は麻酔医の補助業務である。麻酔というのは、かかっている最中は心拍数も上がりやすく、体温も変化しやすい危険な状態である。なので看護師は患者の状態を注意深く観察し、患者の体調の変化が表れたらすぐに医師に伝える必要がある。

以上が麻酔科の業務であるが、看護師の転職先の一つとしていかがだろうか。麻酔の世界は奥が深く、知れば知るほど麻酔の世界の複雑さについて知ることが出来るのである。なので、好奇心旺盛で探究心のある人にとっては麻酔科は非常に面白みのある仕事先である。また、麻酔科の仕事は、手術に対して不安な患者に対して、安心してもらう必要がある。なぜならば、おそらく麻酔科の人たちが患者に対して最初に手術行為をするので、患者の不安を早めに取り払う役目がある。なので、麻酔科の看護師は麻酔をかける前に患者に話しかけて、安心して貰う必要がある。言ってみれば、患者に麻酔をかける前に「心」にも麻酔をかける必要があるのである。

麻酔科の求人を探すならこの看護師求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細



ナースフル

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細



ナース人材バンク
ナース人材バンク