管理職の看護師求人情報を探そう!

管理職の求人としてはどういった内容のものが多いのであろうか。看護師や病院の世界でも管理が存在し、会社の管理職が組織を管理するように、看護師の管理職も組織を管理する。その看護師の管理職はどういった仕事の内容なのであろうか。

まず管理職は看護師長と呼ばれることが多い。これは以前の看護婦長、もしくは婦長さんと呼ばれているものである(スチュワーデスがキャビンアテンダントと呼び名が変わったことと同様のことだと思って頂ければと思う)。この看護師長の仕事の内容は何かというと、それぞれの看護師から成る組織の管理、統括である。この組織の管理、統括は非常に重要である。なぜかというと看護師の仕事というのは何よりもチームワークが重んじられるのである。一人の患者に対しての記録や今後の治療方針について独断で判断することはまずなく、くまなく「情報共有」することが必要になってくるからである。これは病院の仕組みというものが患者に対して誰か一人が診療し、治療していくものではなく、病院全体で治療し、診療していく仕組みなっていくことに由来する。つまり看護師長の仕事いうのは、患者を病院全体で治療し、診療していくための看護師部門の管理、統括を受け持っているのである。

また看護師長の仕事はその看護師の組織が上手くいくための、人間関係の調整能力も必要になってくる。これはどういうことなのかというと、看護師の組織も長く働いていくと、次第に人間関係の問題が起こってくる。人間関係の揉め事や軋轢というのは必ずといっていいほど起こるのである。その組織の問題というのを「公平」に受け止めて、適切な落とし所を見つけるのも看護師長の仕事の役割の一つである。一方の意見を聞くのではなく、双方の意見を聞いて双方が納得いく形で調整していく。これも看護師長の仕事の役割の一つである。

さて看護師長である管理職の求人に話を戻すと、管理職の求人の良い所としては、給与が良いということである。それは一般の看護師と比べて管理職であるので、給与が上乗せさせているということなのである。なので、経験のある看護師には管理職の仕事を探してみると良いのであるが、実際には管理職の求人というのはほとんどないと思ってもらったほうが良いのである。どうしてかというと、それは先程の人間関係の調整能力も管理職には必要だからである。想像してみて欲しい、急に来た看護師長に人間関係の悩みを相談する看護師はいるのだろうか。いるのかもしれないが、それは長い間一緒に働いている看護師に相談することのほうが多いだろう。

ただ、まれに欠員が出た場合には急遽看護師長としての求人も存在する。転職サイトで紹介される非公開求人も含めて、経験のある看護師は管理職の求人を探してみるのはいかがだろうか。

病棟の求人を探すならこの看護師求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細



ナースフル

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細



ナース人材バンク
ナース人材バンク