国立病院の看護師求人情報を探そう!

国立病院で働く上で最も注目されるのが、その安定感です。そもそも公務員という扱いになりますので待遇も公務員としての扱いになります。例えば年収で言えば、一般の看護師よりも高くなる可能性があります(必ずと言うわけではありません)。これは、手当てや賞与がやや高めに設定されている面からだと考えられます。また、勤務時間・業務のハードさなどを考えると、国立病院は優遇されている傾向にあります。

もちろん、責任の重さはありますが、患者の受け持ち人数が制限されますので、比較的余裕を持った業務ができるということです。このように、国立病院には、民間にはないメリットがありますが、こうした点がいつまでも保障されるかというと、そうでもありません。いつか民営化される可能性がありますし、実は基本給は低めに設定されていることがほとんどです(つまり、手当てや賞与で補っているという見方になるのです)。また、マネジメント層として働きたいと考える場合、様々な国立の施設を転勤して、経験を積むと言う過程が求められることがあります。マネジメント層に移らないのであれば転勤はありませんが、もし幹部を目指すのであれば、避けられない道だと考えるべきでしょう。

そんな国立病院の求人ですが、募集に対して応募は増え続ける一方です。デメリットこそあるものの、やはり、公務員としての立場は魅力的でしょうし、国立ならではの先端医療を行う施設もありますので、民間病院ではできない経験ができる可能性も広がります。ですから、そういった意味では狭き門だと考えるべきでしょうし、転職・就職するのであれば、激戦を予想しなければなりません。

そこでお勧めしたいのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントでは、求人情報の提供はもちろんのこと、あなたが望んだ職場に採用されるよう、キャリアの棚卸しや、履歴書添削、面接指導、カウンセリングなどのサービスを無料で提供してくれます。ひとりで転職活動をするのも良いのですが、こうしたプロの意見を参考にして応募をすれば、採用の可能性はアップするのではないでしょうか。

何よりもノウハウの蓄積が違いますから、狭き門であると予想される国立病院の求人についても、十分な経験を持っているはずです。また、どうしてもひとりで転職・就職活動をすると、考え方が独りよがりになりがちですから、こうした客観的な意見を言ってくれるパートナーを探すことも、採用への近道になると考えられます。

国立病院の求人を探すならこの看護師求人サイト!!

ナースフル

ナースフルの詳細



ナースフル

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細



ナース人材バンク
ナース人材バンク